薄着の季節が近付くと、お腹周りの浮き輪肉が気になってきますよね。

冬場は、服で誤魔化すことができた浮き輪肉も、薄着になってしまうと途端に目立ってきます。
浮き輪肉を解消するためにはどうすれば良いでしょうか。

筋トレを行えば、浮き輪肉を解消することができるのでしょうか。

お腹周り腰周りに付く贅肉のことを浮き輪肉と言います。

そもそもお腹周りは、贅肉の付きやすい場所と言えます。
理由は、いくつかあります。

まず、お腹の中には大切な臓器がたくさん収納されています。
特に女性は、子宮関連の守るべき臓器がありますよね。

お腹周りはその様な臓器を冷えや衝撃から守るために、贅肉が付きやすくできています。

それなのに、贅肉の付きやすいお腹周りはダイエットを行った時に、最後に痩せる場所と言われています。

身体の部位別に統計を取った場合、お腹はお尻の次に痩せにくい場所だと判りました。

そんな贅肉が付きやすく痩せにくいお腹周りは、意識しないと動かさない部位でもあります。

これらの理由が重なって、お腹周りにはお肉が付きやすく浮き輪肉が出来てしまう事が増えるのですね。

では、そんな浮き輪肉を解消するためにはどうすれば良いでしょうか。

食事療法によるダイエットを行うだけでは、浮き輪肉を解消することは難しいです。
お腹周りの筋トレだけを行っても、難しいでしょう。

浮き輪肉を落とすためには、バランスの良いダイエットとお腹周りの筋トレを合わせて行うと効果的です。

贅肉が付いてしまうと言うことは、摂取するカロリーが超過していると言うことを指します。

まずは、食事面から見てください。

高脂質で高カロリーな食べ物を好んで多く食べていたりしないでしょうか?

例えば、頻繁に揚げ物を食べるとか、喉が渇いた時はお茶やお水よりジュースを飲むことの方が多いとか。
やはり、カロリーの高すぎる物ばかりを摂取すると贅肉が付いてしまいます。
まずは、高カロリーな食事を控えることから始めましょう。

次に、摂取したカロリーをちゃんと消費出来ているかです。

浮き輪肉が付いてしまっている人の多くは、日頃全く運動を行っていません。
出来ればランニングやウォーキング、自転車や水泳などの有酸素運動を行って下さい。

最後に、お腹周りのお肉は痩せにくい場所です。

意識しないと動かさない場所でもあるので、ぜひお腹周りの筋トレを行って下さい。

腹筋を割るような筋トレではなく、腹斜筋や腹横筋を鍛えるようなトレーニングが効果的ですよ。

筋トレを行えば、代謝も促進されるので浮き輪肉の解消になります。

食事管理と有酸素運動、そして腰周りの筋トレを行って浮き輪肉を解消して下さいね。