薄着の季節が近付くと、冬の間は隠しきれた浮き輪肉の存在が目立ってきますね。

ダイエットを行ってもなかなか消えてくれない浮き輪肉。
温かくなる前に、エクササイズを取り入れて解消しましょう。

浮き輪肉は、食事管理だけのダイエットでは解消が難しいと言われています。

元々、お腹周りは中の内臓を守る為に贅肉が付きやすい部位と言われています。

その上、お腹周り腰周りは意識して動かさない限りなかなか動かない部分です。
ダイエットを行った時も、お腹周りの贅肉は最後の方で燃焼されます。

では、どうすれば良いでしょうか?

意識しないと動かさない部分なら、意識して動かせばよいのです。

でも、運動は苦手だし運動する時間もなかなかないし。
そんな思いの人もいますよね。

特別な時間を取って運動するのではなく、空いた時間に短時間のエクササイズを行いながら、お腹周りを動かしてあげましょう。
そして、浮き輪肉を解消しましょう。

最初は、簡単なエクササイズから始めると良いですよね。
ひねり腰エクササイズから初めて見ましょう。

床に膝立ちになります。
両手は、頭の後ろで組みましょう。

お腹周りに注意しながら、上半身を軽く右にひねります。
ひねった状態で、上半身を右に傾けます。

左側の腰周りが伸びるのを感じると思います。
そのまま10秒くらいキープして下さい。

身体を起こし、もう少し右側にひねります。
そして、また上半身を右に傾けます。

先ほどよりも強く左側の腰部分が伸びるのを感じるとおもいますので、10秒キープして下さい。

最後に元に戻します。
同じ動作を、左側でも行って下さい。

難しくないですよね。

同じように腰をひねるエクササイズで、お腹周り、お尻、太ももを引き締めるエクササイズもあります。
スクワットを加えたエクササイズです。

足を肩幅に広げ、両手を頭の位置まで持ち上げて、腰を落とします。
この状態で右ひじが左ひざをタッチするように上半身をひねります。

同じように左側も上半身をひねります。
最後に立ち上がります。

この一連のスクワットの動作を5回~10回繰り返すと良いですよ。

息を止めず、ゆっくり呼吸しながら行って下さいね。

腰周りのエクササイズは他にも色々あります。

昔懐かしいフラフープを10分くらい回し続けるエクササイズなんかも、浮き輪肉解消には効果的です。

今回ご紹介したエクササイズが自分に合わないと思ったら、ネットで腰周りのエクササイズを調べてみてください。
きっと、自分にあったエクササイズを見つける事が出来ると思いますよ。